和歌山県でのドローンによる
設備点検・空撮サービス

ドローンによる設備の点検や、空撮・映像制作は、ピーシーハウスにお任せ下さい。

Loading...

和歌山県のドローン設備点検・空撮サービス

株式会社ピーシーハウスでは、ドローンを使った設備点検や、空撮による動画・プロモーションビデオ制作を行っています。撮影した動画のPR動画作成など、編集もお任せ下さい。

ドローンは、上空からの動画・写真撮影はもちろん、人が近づくことが難しい場所の建物(屋根など)や建造物(橋脚など)の劣化検査など、当社ドローン資格を持ったオペレーターが、安心・安全を最優先に操作・撮影を行います。また、万一の事故やトラブルに備えて、対物・対人のドローン保険に加入しておりますので、安心して撮影をお任せして頂けます。
「屋根・構造物点検」「空撮」などドローンを使った作業は、ピーシーハウスにお任せ下さい。

ドローンならこんな事ができます!

当社では、ドローンで空撮するだけではなく、設備点検にも幅広く対応致します。屋根・壁、ソーラーパネル、橋梁、煙突など、人の目が届きにくい設備は、ドローンを使う事で点検が可能です。難所でも対応可能な、業務用ドローンも当社では保有しております。

屋根・太陽光パネルなど点検
屋根・太陽光パネルなど点検

目の届きにくい屋根や、高い場所や足場のない場所、広大な施設などドローンを使えば容易に点検が可能です。

空からの写真・動画撮影
空からの写真・動画撮影

ドローンで上空から見た風景や景色を4Kカメラにて撮影します。ワンシーンや動画作成・編集もお任せ下さい。

会社・企業のPR動画作成
会社・企業のPR動画作成

会社や工場・ホテルなど建物やゴルフ場・遊園地などの施設を、ドローンで上空から撮影したPR動画を作成します。

観光地のPR動画作成
観光地のPR動画作成

ドローンによる空撮は、観光地の魅力を伝えるのに非常に有効的です。動画撮影はもちろんパンフレット用の画像にも。

和歌山県最大級のドローン機材紹介

当社では2021年9月現在、ドローンを6機保有しております。様々なシーンやお客様のご要望に出来る限りお応えできるように、特性を持ったドローンを取り揃えています。空撮は勿論、屋根や構造物の点検作業、将来的には3D測量等にも対応できるよう、高性能な機体も所有しています。

Mavic Mini

Mavic Mini

コンパクト・軽量な機体ながら飛行時間も長く耐風性にも優れ、高性能CMOSカメラ、三軸ジンバルを搭載。鮮明で非常になめらかな映像を撮影することが出来ます。

Mavic Air2

Mavic Air2

手のひらにのる小型サイズながら、映画レベルの4K動画の撮影も可能。最大飛行時間も長く、優れた携帯性・操作性・安全性を兼ね備えたパーフェクトな機体の一つ。

Phantom4 Pro ver2.0

Phantom4 Pro ver2.0

先進機能を数多く搭載、障害物を自動回避するなど安全機能も充実しており、機体もコンパクトでスタイリッシュ。4K映像の撮影も可能で守備範囲が広い機体。

Inspire1 Ver2

Inspire1 Ver2

一人パイロット、一人カメラ操作を行えるので、精度の高い操作が可能。GPSのない屋内等でもフライト・自動ホバリング可。カメラの可動範囲も広く緻密な撮影が可能な機体。

SPREADING WINGS S800 EVO

SPREADING WINGS S800 EVO

空撮用途に特化したヘキサローター(ローター6枚)で、強固なフレーム、高安定・高性能電源システムにバッテリーなど商業用ドローンとしても十分な機能。

PREADING WINGS S900

PREADING WINGS S900

携帯性能に優れ、映画製作者の厳しい要求に応えるパワフルな空撮システムを搭載。非常に幅広い撮影アングルとカメラモーションが可能になったプロ用ドローン機。

国土交通省の免許許可取得済み

和歌山県内最大級のドローン空撮

ドローンを飛ばす際、人口集中地域の上空は本来国土交通省へ許可申請が必要となります。株式会社ピーシーハウスでは、既に許可証「無人航空機の飛行に係わる許可・承認書」を取得済みですので、急ぎで空撮映像・画像が欲しい場合でも直ぐに対応可能です。
当社では、常にドローンを安全に飛ばす為に、常日頃から操縦訓練やドローン本体の整備・点検はもちろん、法律以外の項目でも独自マニュアル・チェック表を作成して安全管理に勤めております。

自分でもドローンを飛ばすことはできる?

実は、2022年6月現在において、ドローンを飛ばす際に免許や資格、認定などは不要です。練習すれば自分でもドローンを飛ばせるようになるのでは……?と考えている人もいるかもしれません。

しかし、安全にドローンを飛ばすためには、ぜひ、スクールに通うことをおすすめします。昨今、ドローンによる事故が増加しています。ドローンを見失ったなど、急なトラブルの際もきちんとした知識やスキルがあると安心です。

ドローンスクールに通うメリット

ドローンスクールに通うメリット

ドローンスクールや、講座・講習に通うメリットは以下の2つです。

  • しっかりしたドローン操縦の知識とスキル、法律を学べる
  • ドローンの資格を取れ、技術やスキルを証明できる

「一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)」「DJI JAPAN株式会社」「一般社団法人ドローン操縦士協会(DPA)」「ドローン検定協会」など、各団体がドローンの資格を発行しています。

和歌山県内のドローンスクール

主な和歌山県内のドローンスクールを以下にまとめました。情報はすべて、公式サイトに掲載中の案内を記載しています。

Dアカデミー近畿ドローンランド和歌山
・アクセス:和歌山県和歌山市高松2-11-9
・取得できる資格や講座内容:JUIDA認定資格、JUIDA安全運航管理者、i-construction(ドローン測量)
和歌山田辺ドローンスクール
・アクセス:和歌山県田辺市新庄町2070-5
・取得できる資格や講座内容:JUIDA認定資格、水中ドローン安全潜航操縦士、農業散布講習
ドローンスクール ソラガク 大阪和歌山校
・アクセス:和歌山県和歌山市中649-2
・取得できる資格や講座内容:JUIDA認定資格、JUIDA安全運航管理者、水中ドローン安全潜航操縦士
POS DRONE SCHOOL
・アクセス:和歌山県新宮市仲之町1-2-6 サンタウンホール 2F(実技は和歌山県太地町にあるグリーンピア南紀跡地で実施)
・取得できる資格や講座内容:機体の点検・整備、離発着訓練、ホバリングなど簡単な技能
ラボテックドローンアカデミー
・アクセス:和歌山県和歌山市梅原579-1
・取得できる資格や講座内容:JUIDA認定資格、JUIDA安全運航管理者、i-construction
ドローンビジネスカレッジ南紀白浜校
・アクセス:和歌山県西牟婁郡白浜町中1701-3
・取得できる資格や講座内容:JUIDA認定資格、JUIDA安全運航管理者、i-construction
ドローンスクールに通うデメリット

ドローンスクールに通うデメリット

早急に建物の異常を調べたいなど、すぐにドローンを飛ばしたい場合は、スクールに通っている時間がないかもしれません。仕事をしているとスクールで学ぶ時間も限られます。また、急にドローンを飛ばそうとしても、「飛行禁止区域」や「登録義務化」に阻まれるケースもあるでしょう。

急いでスクールを受講するよりも、しっかりと対応できるプロに任せてみませんか?

ドローンを飛ばす際の注意点

以下では、ドローンを飛ばす際の注意点を解説します。資格があっても、飛行禁止区域ではドローンを飛ばせません。また、2022年6月20日から始まるドローンの登録義務化にも注意してください。不安があれば自力で解決しようとせず、プロに依頼しましょう。

ドローンの注意点1.飛行禁止区域

ドローンの注意点1.飛行禁止区域

免許をとったとしても、どんなところにもドローンを飛ばせるわけではありません。例えば、飛行場の周辺や地上150m以上の高さ、街中など人口集中地域などは、飛行禁止区域として定められています。

もし、飛行禁止区域でドローンを飛ばしたいときは、国土交通省からの許可が必要です。詳細な飛行禁止区域については、こちらからご確認ください。

無人航空機の飛行禁止空域と飛行の方法│国土交通省
ドローンの注意点2.登録義務化

ドローンの注意点2.登録義務化

2022年6月以降、100グラム以上のドローンの所有者は、氏名や住所、機種などを国土交通省に申請する必要があります。登録せずにドローンを飛ばした場合は、1年以下の懲役または、50万円以下の罰金が科されます。登録義務の詳細については、こちらからご確認ください。

無人航空機登録ポータルサイト│国土交通省
和歌山県でドローンを飛ばせないスポット

和歌山県でドローンを飛ばせないスポット

都市部ではドローンを飛ばせない可能性があります。人口集中地区であるかどうかを調べたいときは、地理院地図を開き、人口集中地区を確認しましょう。また、飛行場の周辺も飛行禁止区域として定められています。南紀白浜空港付近の撮影にも気を付けましょう。また、イベントなどの際は、臨時的にドローンの飛行が禁止される場合もあります。

和歌山県では都市公園条例により、都市公園及び都市公園施設におけるドローンの使用を禁止しています。該当施設には以下のような所があります。

  • 紀三井寺公園
  • 河西緩衝緑地
  • 和歌公園
  • 秋葉山公園県民水泳場
  • 県立橋本体育館
  • 県営相撲競技場

さらに、和歌山県庁やビッグ愛など、県有施設の上空でもドローンの飛行は禁止されています。詳細なドローンの飛行禁止について知りたければ、飛行させたい場所の管理者又は所有者に直接確認しましょう。

参考:都市公園│和歌山県
参考:無人航空機(ドローン・ラジコン機等)をお使いになる皆様へ│和歌山県
和歌山県でドローンを飛ばしたいおすすめスポット

和歌山県でドローンを飛ばしたいおすすめスポット

こちらは、オンラインでドローンの映像が見つかった和歌山県内のスポットです。ただし、撮影可否については、当時と状況が変わっているかもしれません。撮影前には、施設の管理者に問い合わせておくと安心です。

  • 樫野埼灯台
  • 古座川の一枚岩
  • 白良浜
  • 高野山
  • 安川渓谷
  • 生石高原

撮影許可が下りた場合には、周囲の観光客に配慮して撮影しましょう。山間部の場合は立地や動物・虫などに注意し、安全第一で撮影することが大切です。撮影が難しければ、専門業者への依頼も検討しましょう。

ピーシーハウスは、日本国内広範囲でドローンを飛ばせます!

株式会社ピーシーハウスは「無人航空機の飛行に係わる許可・承認書」を取得しており、飛行禁止区域でもドローンを飛ばせます。都度申請をする必要がないため、日本国内の広範囲で、スピーディーにドローンでの点検・撮影が可能です。

同社のパイロットは、「ドローン検定 無人航空従事者試験1級」や「SUSC ドローン自動操縦セミナー」の合格証書を取得しており、常に操縦技術を磨いております。「屋根・構造物点検」「空撮」については、ぜひ、ピーシーハウスにお任せ下さい。

無人航空機の飛行に係る許可・承認書

ドローン動画撮影・空撮の基本料金


基本料金プランは、3プランご用意しております。料金についてもご相談頂ければ、ご予算に応じたプランをご提案させていただきます。

プチプラン スタンダードプラン プレミアムプラン
フライト時間 30分 90分 180分
フライト回数 2回 5回 10回
使用機種 Phantom4 Pro/Mavic mini Phantom4 Pro/Mavic Air2/Inspire1 Phantom4 Pro/Mavic Air/Inspire1
現地滞在時間 最大60分 最大180分 最大480分
撮影対応 動画・静止画 動画・静止画 動画・静止画
料金(税抜) 80,000円 150,000円 250,000円

PAGE TOP