高所や足場の悪い場所、人がなかなか立ち入るのが難しい狭い場所等にある設備の保守管理・点検は、転落や事故のリスクも高く徹底した安全管理の元、念入りに足場を組んだり高所作業車などで作業員が行っていましたが、ドローンを利用する事で大幅な時間短縮・リスク回避・経費の削減が可能です。

PCHでは、空撮だけでなく、太陽光発電をはじめとした様々な設備において、設備点検に合った業務用ドローン機も複数所有しております。工場の屋根や太陽光パネル、煙突や橋梁など、自動航行による定期点検もお任せ下さい。

ドローンで設備点検はじめませんか?

太陽光パネルのドローンによる設備保守・点検

太陽光パネルなどの屋上の発電のシステムや施設は経年劣化による調査や検査は必ず行う必要がありますが、高所や広大な施設の場合は足場を組んだり長い距離を徒歩で歩いたりなど、莫大な労力が必要でした。ドローンを使用することで、それまで人が近付くには危険な箇所でも容易に検査・点検する事が容易になりました。長時間かかっていた作業がドローンを使うことでその場で移動せず短時間で作業が可能となり、予算の削減にもなります。
また屋外だけでなく、工場や体育館・ホール等広大且つ室内で天井が高い場所や狭い場所の調査も可能です。

ドローンなら、従来の方法に比べて定期的な点検が容易且つ安価に行えます。専用アプリで飛行計画に沿った詳細な点検から簡易な点検まで、お客様のニーズにあわせた設備点検サービスを安全かつスムーズに行います。

【実績1】K様宅屋根点検の実施

点検当日の天候・風速・風向きなど入念にチェックを行い、安全が確認された上でK様宅のドローンによる屋根点検を実施しました。ドローンの利点は、作業員が屋根に上る必要なく、また足場を組む必要や高所作業車・道路誘導員など不要で道路を塞ぐことなく、安全に短時間で点検する事が可能です。

また、ドローンには高画質・高解像度のカメラを備えているので、屋根の細かい詳細な部分まで見落としなくチェックできます。従来の工法に比べ、ドローンなら作業員の目視による点検より見落とすことなく点検が可能です。
今回の点検作業で、数か所修理が必要な箇所を短時間で見つける事が出来ました。

【使用したドローン】Mavic Mini

【実績2】赤外線カメラ搭載ドローンによるソーラーパネル点検

ソーラーパネルは、長期間安定した運用が求められますので、定期的な点検・メンテナンスが必要不可欠です。
日当たりのよい場所に雨風吹きさらしの中、ソーラーパネルが設置されていますので、劣悪な環境と言っても過言ではありません。山間部や平原など広範囲であっても上空からドローンを使えば、少ない人員・コスト・短時間で、比較的容易に点検する事が可能です。

今回の作業は、山間部にある比較的平坦な場所に設置されたソーラーパネルです。当日は、天候にも恵まれ、ドローンと赤外線カメラ(熱感知式カメラ)を使用し、飛行計画のもと点検を実施しました。

ドローンによるソーラーパネル点検は、GPSによる自動航行で行いますので、広大な土地であっても最短ルートで短時間での点検が可能です。ソーラーパネル点検の場合、ドローンと連動した専用ソフトを使用しますので、ソーラーパネルに異常が見つかれば色表示が異なる為、専門知識がなくても一目瞭然です。
今回の点検作業では、複数の異常が見つかり、後日修理・交換を行います。

【使用したドローン】INSPIRE1 V2.0

【実績3】3本煙突点検補修前のゴンドラ点検及びガス濃度測定

某工場内の煙突補修を行う事前点検として、ゴンドラ用のワイヤロープ・吊り具等の配置点検及びガス濃度測定にドローンを使用しました。非常に高所での作業となる上、通常の煙突とは違い3本に分かれた形状となっているため、作業前の入念な事前準備が必要です。 補修作業は、限られた時間内に作業を完了させる必要がありますので、ワイヤーロープや吊り具など正しい場所に設置・配置、ガス濃度が人体に影響がないかの数値測定など、問題点や他に異常がないか等ドローンにて確認を行いました。

点検・測定する煙突(イメージ)
GL+120m上空のガス濃度測定

ドローンに携帯型ガス検知器を搭載して、地上でオペレーターがガス濃度の確認と画像を記録しました。今回使用したドローン機「INSPIRE1 V2.0」は、2オペレーター(パイロット・カメラ)にて操縦・操作が可能な機体で、今回のような精度が求められる作業には最適で、十分な成果を収める事が出来ました。

上空121m ガス検知:0(地上オペモニター画面例)

【使用したドローン】INSPIRE1 V2.0